心身症の悩み

葉

心療内科と精神科があり、どちらを利用した方がいいか悩む症状があります。
その症状になるのが「心身症」と言われる病気です。
この心身症とは、現在の社会にとってとても多くの人が患う可能性がある症状になります。
心身症になる原因となるのがストレスです。
ストレスは精神的な問題になるため、多くの人は精神科を利用する傾向にあります。
ですが、心身症は身体にダメージを与える症状があるため、心療内科での治療が必要となるのです。
この心身症を放置することでストレスが徐々に溜まり神経伝達物質の流れを変えてしまいます。
そうなると自律神経の機能がうまくできなくなり、「関節リウマチ」や「じん麻疹」などの症状を表します。
他にも、「気管支喘息」や「神経性胃炎」などの内臓にも変化を与えてしまう恐ろしい症状となっています。
そのため、心身症という症状は早めに心療内科で治療することが大事です。
また、ストレス社会という環境に慣れてしまいストレスが溜まっていることに気づかない人もいます。
このようなタイプになるとうつ病になる可能性もあるため注意が必要です。

心療内科ではこの心身症を治療するためにも、カウンセリングを行なっています。
カウンセリングをすることで悩みを医者に話すことができます。
悩みが分からない人でもカウンセリングを受けることで自分の悩みを把握することもできるでしょう。
そうして溜まっている鬱憤をなくすことでストレス発散という効果が得られます。
放置することはとても危険となっているため、精神的な疲れが溜まっていると考えている人は心療内科を早急に活用することが適しています。