幼少期のストレス

ハートを作る2人

心療内科は、精神的な問題が外傷に出ている時に利用するところです。
そのため、心療内科を利用する人は精神だけの問題の人だけではありません。
例えば、ストレスが原因で自律神経に影響を与えている時にも心療内科を利用することがあります。
ストレスは、身体に様々な被害を与えるものになります。
このストレスによって多くの大人たちが悩まされています。
また、ストレスは大人特有の悩みと考える人が多いです。ですが、子どももストレスを溜めることもあります。
子どもがストレスを溜めると「発育障害」という症状を起こします。
この発育障害という症状になると脳の発達が遅れてしまいます。
そのため、同じ世代の子どもができることができなくなることもあります。
例えば、一般的なコミュニュケーション能力が低くなることもあります。
コミュニュケーション能力が低いと友達を作ることも難しくなり、必要となる情報も得られなくなります。
このようなコミュニュケーション能力の低下は幼少期から改善することで将来の負担を減らすことができます。
そのまま成長すると人見知りになってしまう可能性も高いです。
このような発育障害は、環境を変えることで改善することができます。
人は環境に大きく左右されます。そのため、環境を変えることで簡単に治療することができる子どももいます。
また、幼少期の方が大人よりも改善できるスピードが違うため、自分の子どもが他の子よりも脳の発達が遅いと感じた場合は専門家に相談しましょう。